40代主婦の青汁ダイエット経験談と口コミ

青汁ダイエットをしようと思った理由


40代に入ってから急に痩せにくくなりました。今までは、ちょっと食事の量を減らしただけですぐに元の体重に戻せていたのに、全く痩せないどころか体重が増えてしまう状態でした。年を取ると、体内酵素が減少するので食事制限をしても効果ないどころか、筋肉量が落ちて代謝が更に悪くなると知り、慌ててウォーキングを始めました。

ですが、雨が降っていたり暑かったりすると、サボってしまって中々継続することができませんでした。高額なパーソナルトレーニングに入会して、本気でダイエットに挑戦しようかと思っていた時に、痩せたかったら食事内容を見直して、青汁を飲んで始めてみた方がいいよ、と娘に言われました。

ダイエットで青汁を選んだ理由とは

青汁って昔飲んでたけど、青臭くてすぐにやめた記憶があったのですが、娘が教えてくれた「すっきりフルーツ青汁」は、バナナっぽい味がして飲みやすいということなので私でも飲めそうな気がしました。それに、乳酸菌がたっぷり配合されているから、便秘がちでジーンズのファスナーを上げるとパンパンになってしまうお腹をスッキリさせることができそうだという期待もありました。

高校生の頃から便秘がちで、1週間に1回くらいしかお通じが来ないので、週末になると便秘薬を飲んでいるような状態でした。また、フルーツ青汁には、青汁だけでなくビタミンC、プラセンタ、セラミド、豆乳パウダーも配合されているので、美容効果も期待できる思いました。しかも、野菜や果物の酵素も摂取できるので、基礎代謝が上がって痩せやすくなるという期待もありました。

青汁ダイエットの実施期間と飲み方

ダイエットでは、朝・昼・晩の食事前に青汁を飲んでいました。そして、晩ご飯だけ青汁に置き換えてダイエットしました。朝ごはんと昼ごはんは、炭水化物を少なくして、たんぱく質と野菜をメインの食事をしました。夜に飲む時は、満腹感を得られるように、豆乳や甘酒で割って飲んでいました。甘酒は、市販のものだと砂糖が添加されているので、米麹を買ってきて自分で手作りしたものを用意しました。最初は、家族のためにご飯を作っても、自分は食べられないのが辛かったです。

青汁ダイエットの体重の結果

慣れてくると、体が楽になって1ヶ月で60kgあった体重が55kgまで減りました。朝起きてすぐに青汁を飲むと、自然なお通じがやってくるようになり、お腹回りもスッキリしました。2か月目に入ると、2週間くらい停滞期が続きましたが、寝る前に筋トレをするようにしたらまた体重が落ち始めました。2か月が経った頃には、トータルで8kg体重を落とすことができて自分でもびっくりしました。

晩ご飯だけ青汁に置き換えるファスティングは、2か月で終了して、青汁は引き続き1日3回飲むようにしています。軽い筋トレもしているせいか、ダイエットをして1年以上経ちますが、リバウンドもなく体重をキープすることができています。また、青汁を飲むようになってから、肌の調子がとてもよく、アゴにニキビができにくくなりました。他にも、風邪を引きにくくなったり、花粉症の症状が軽くなるといった効果も実感しています。

青汁ダイエット経験者からのアドバイス

青汁ダイエットを行う場合は、筋肉量が落ちないように、たんぱく質をしっかり摂ることが大切だと思います。脂身の少ない肉や魚そして卵、大豆製品をバランスよく食事にと入れるといいですよ。青汁の酵素を効かせるために、食事前に飲むのがポイントです。飲み過ぎるとお腹が緩くなるので、お腹が緩くなりやすい人は、飲む量に気を付けて下さい。

それから、使用されている青汁は、1種類だけでなく数種類ブレンドされている方が、様々な健康効果を得ることができます。特に、明日葉と大麦若葉には脂肪燃焼効果があるので、この2種類が配合されている青汁がお勧めです。

ダイエットをする人の為のダイエット専用青汁

初回630円の限定価格はこちらから。すっきりフルーツ青汁でダイエット生活をスタート!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする