20代主婦の青汁ダイエット経験談と口コミ

青汁ダイエットをしようと思った理由

20代主婦の青汁ダイエット経験談と口コミ
10代の頃は夕ご飯を抜いただけで1キロほどすぐに減りました。10代の学生時代は授業で運動もあるし、部活などで動いていました。もちろん今とは食べていた量も違うので、一概に比べることは出来ません。しかし、20代後半になったころから、ちょっと運動をしたり、食事を減らすだけでは痩せなくなっていました。

ダイエットで青汁を選んだ理由とは

そして、20代後半で無理なダイエットをしている人は、痩せることには成功していても、干からびたミイラのようになっている人や、元気なおばあちゃんのように見えてしまい、たしかに細いのですが、なんだか綺麗とは素直にいえない人が多いと感じていました。

モデルさんが綺麗なのは、ただ痩せているだけではないのです。痩せているのにお肌や髪の毛などがつやつやで美しいことにあるのだと気づいたのです。そこで、食事を減らすだけのダイエットはもう難しいだろうと思っていた時に、30を過ぎても綺麗だなと感じていたある女優さんが、青汁を飲んでると聞いて興味を持ちました。

実際飲んでいた青汁は、ふるさと青汁です。明日葉配合で血管の働きをサポートして、下半身太りや浮腫みに効果があると聞いたからです。
粉末状で1杯100円ほどなので、比較的高価なほうだと思うのですが、食物繊維やビタミン群も豊富で、最近疲れやすいと感じていたので魅力を感じました。

青汁ダイエットの実施期間と飲み方

ダイエットとして飲んでいたのは約2か月ほどですが、青汁を飲み始めて2週間ほどで何だか靴が緩くなったと感じ、脚が軽くなったように思いました。青汁は健康飲料なので、1日の摂取制限などなかったのですが、1杯100円ほどなので、1日1回朝に飲んでいました。最初は青汁だけで飲んでいましたし、飲みにくいということはありませんでした。

しかし、途中からヨーグルトと混ぜたり、コラーゲンやビタミンCをプラスして飲んだりもしていました。お肌の調子などによって、青汁入りの健康飲料をオリジナルで作っていました。

青汁ダイエットの体重の結果

体重変化としての効果は、2か月で2.5キロの減量だったので、まあまあというところですが、浮腫みが減ったので、脚だけでなく顔周りもすっきりして、見た目にはもっと痩せたように感じます。

青汁にはその原材料によって栄養価がかなり違います。私は特に下半身が重くて、むくみなどを感じていたので、明日葉配合の青汁をメインに飲んでいました。どの青汁も栄養は豊富ですが、野菜不足が気になるなどの場合には、野菜の王様といわれるケールが主成分の青汁など、
飲み分けや複数の青汁を交互に飲んでも良いかと思います。

青汁ダイエット経験者からのアドバイス

どの青汁で効果が出たのか知りたい場合は不向きですが、食事でも30品目をまんべんなく食べたほうが良いように、青汁の栄養もいろいろな種類を飲んだほうがより効果的に感じられるのではないかと思います。そして、青汁は体に良いですし、痩せやすくなる身体づくりのサポートをしてくれると思いますが、飲むだけで脂肪をカットとかいうものではないので、食事制限も少しプラスした方が効果は出やすいと思います。

ダイエットをする人の為のダイエット専用青汁

初回630円の限定価格はこちらから。すっきりフルーツ青汁でダイエット生活をスタート!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする