青汁ダイエット方法と長続きさせる5つのポイント

ダイエット中に不足しがちな栄養素をたっぷりと含んでいる青汁。また、豊富な栄養分は健康的な生活をサポートするうえでとても重要になります。ここでは、毎日青汁を飲んで、体に負担をかけずにダイエットするポイントと注意点を解説します。

青汁ダイエット方法をチェック

青汁のダイエット方法
青汁でダイエットしたいと思っても、「そもそもホントに痩せる?」「いつ青汁を飲めばいいの?」「食事はそのままでいいの?」「不味くて続けられれるの?」など様々な疑問がでてくると思いますので、細かく青汁ダイエット方法と長続きさせる5つのポイントを紹介していきます。

1.青汁を飲むタイミングは食事前

食前に青汁を飲むと、食物繊維などが吸収されやすくなり、急激に血糖値が上がるのを防いでくれます。食べる順番を変えるダイエットと似ており、まずは野菜や汁物を食べて、たんぱく質や糖質の吸収を低め安定にするのと同じです。空腹時に青汁を摂取すると、必要なビタミンやカルシウムが体内に補給されやすくなるのです。ただし、空腹時に青汁だけを飲むと、胃に負担がかかりますので、食事とセットで飲むように習慣化することも忘れないでください。

2.青汁を飲む+運動をすると痩せる

青汁を飲めば痩せると思い込んでいる人も多いですが、実はそうではないのです。確かに栄養満点の青汁ですが、飲んだだけで脂肪が燃えるとか、痩せ体質になるということはありません。青汁を飲む習慣と、適度な有酸素運動をすることで、ダイエットの効果が上がるのです。
階段を使うようにするとか、自転車通勤に変えるなど、積極的に運動を行うことを心がけてください。

3.便秘改善とダイエットの効果

青汁には、お通じが良くなる栄養素がたくさん含まれています。大葉、ケール、明日葉などは便秘の改善を促し、毎日すっきりと排出物がでるようになるのです。便秘が治れば体重が減ったように感じますが、一時的な効果であって、体脂肪は減らないのでダイエットとはいえません。便秘解消や美肌効果は、青汁ダイエットの嬉しい作用ではありますが、運動をして体脂肪を減らすことを考えましょう。

3.置き換えではなく間食代わりに飲む

ダイエット時は空腹との闘いになりますから、飲むタイミングだ大切になります。お勧めなのは食事前ですが、それ以外の時間でも小腹が減った時に、青汁を飲むとダイエット効果が期待できます。高カロリーのお菓子を食べるよりは、栄養素が多く低カロリーの青汁を飲んだほうが良いです。1食置き換えにする人もいますが、青汁だけでは必要なカロリーが摂取できません。ですから、間食代わりに青汁を飲む習慣をつけてください。

4.食事量を減らさずにダイエットできる

毎日3食しっかり食べて、食事量を減らさずにダイエットできるのが、青汁ダイエットの最大の魅力です。断食や置き換えのダイエット方法だと、栄養が偏ったり、空腹に耐えられずに挫折しやすいです。でも青汁ダイエットなら、毎日食前に飲んでいれば、食べる量は減らさずに済むので、無理なく長期間続けられます。急激な体重減少はできませんが、続けると太りにくい体質になり、便秘予防になるので、結果的にスリムな体型になれるのです。

5.風味を変えて長く続ける

青汁独特の苦みや、青臭い感じが苦手な人は、自分なりに青汁の風味を変えることをお勧めします。
苦みを消すために、はちみつや甘味料を混ぜると、ふんわりと甘い味になるので飲みやすくなります。
ヨーグルトに混ぜて摂取するのもお勧めで、腸を美しくする効果がありますから、便秘気味の人は試してみる価値アリです。
混ぜる物については、あまり入れ過ぎると糖分過多になりますから、事前にカロリーを調べて、適切な量に抑えるよう気をつけてください。

青汁ダイエット方法と長続きさせる5つのポイントまとめ

青汁ダイエットまとめ

青汁に入っているミネラルやカリウムなどは、体質を改善するのにとても役立ちます。でも、ただ飲んでいるだけでは効果がありませんから、運動する習慣もプラスするようにしてください。

青汁ダイエットは時間がかかりますが、体に負担をかけることなく、より健康的に痩せられる方法です。最低でも3ヶ月~半年間くらいは続けられるように、味の調整や飲むタイミングを工夫して頑張ってください。

ダイエットをする人の為のダイエット専用青汁

初回630円の限定価格はこちらから。すっきりフルーツ青汁でダイエット生活をスタート!
すっきりフルーツ青汁の口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする